bet

日本でも既にブーム!ブックメーカーとは

賭ける

イギリスが発祥のブックメーカー。単なる賭けの対象というだけでなく、投資対象の一つとして世界中で注目を集めています。

ところで、最近は日本のユーザー数も増加傾向にあり、人気が急上昇中です。どのような点が、人気の理由なのか気になるところです。そこで今回は、日本でブームの兆しがあるブックメーカーについて紹介したいと思います。

誰でも簡単に参加できる

ブックメーカー

ブックメーカーは多くのスポーツで楽しめます。そのため、特別な知識がなくても、誰でもすぐに参加できる点が特徴です。Jリーグやプロ野球のような日本人にとって親しみのあるスポーツだけでなく、世界中のあらゆるスポーツが賭けの対象となっています。

オリンピックの競技も、例外ではありません。自分が好きなスポーツで参加するのもよいですが、全く知らないスポーツでベットに参加して、その魅力に触れてみるというのもブックメーカーの醍醐味の一つでしょう。

スポーツ観戦がよりエキサイティングに

ブックメーカーは、賭けの要素が加わることで、スポーツ観戦をよりエキサイティングなものにしています。普段何気なく見ている試合も、事前にチームや選手のリサーチをしてベットすることで、プレーの一挙一動を追うようなり応援にも熱が入ります。

仮に試合が残念な結果に終わってしまった場合でも、次の試合への期待が込められるようにもなるため、チームや選手への愛着も強固なものとなります。

プロ野球がおすすめ

日本でブックメーカーに参加してみるのであれば、プロ野球がおすすめです。元々日本人に馴染みのあるスポーツという理由だけでなく、セリーグとパリーグを含めるとシーズン中ほぼ毎日試合が開催されるため、ベットに参加できる機会が多いという点もおすすめの理由です。

また、クライマックスシリーズや日本シリーズといった大きなイベントだけでなく、交流戦などでもベットできるため、幅広く楽しめます。プロ野球ファンのみならず、野球にあまり詳しくない人も気軽に参加してみてはいかがでしょう。

ブックメーカーはスポーツ観戦をより楽しいものにしてくれるため、日本でも徐々にブームになりつつあります。最初は気軽に参加していた人も、事前リサーチやデータ分析を繰り返すうちに予想の精度が高まり、大きなリターンを得たというケースもあります。

こうした点も、ブックメーカーの魅力といえるでしょう。とはいえ、賭けごとという側面もありますので、適度な範囲で楽しむようにしたいところです。

ブックメーカーを始める前に覚えておこう!オッズの種類と見方

スポーツベット

ブックメーカーを始める前に、オッズの種類について把握し、それぞれの見方を覚えておきましょう。大きく分けて3種類あり、ブックメーカーによって採用されているオッズの種類が異なります。

【デシマル】

デシマルは、小数の形でオッズを表記したものです。ベットした金額にオッズを乗じると、払戻金の金額を計算できます。国内の公営ギャンブルなどでも採用されており、競馬や競輪などをやっている人にとっては馴染みが深いでしょう。

例えば、「2.5」と表記されているオッズに100ユーロをベットして当たった場合には、250ユーロが払い戻されます。利益はベットした金額を差し引いて150ユーロです。

ヨーロッパの会社が運営しているブックメーカーで、デシマルでオッズを用いていることが多いため「EU」と表記されていることもあります。

【フラクショナル】

フラクショナルは、分数の形で表記しているオッズです。分母の金額をベットすれば、分子の金額が得られるという見方をします。主にイギリスのブックメーカーで採用されている方法です。イギリスを意味する「United Kingdom」の頭文字を取って、「UK」と表記されることもあります。

フラクショナルにおいては、「3/1」と表記されていれば、1ユーロをベットすれば、3ユーロ得られるという見方をします。ただし、ベットした分の金額は含まれていません。そのため、払戻金はベットした分の金額も合わせて4ユーロになります。また、フラクショナルのオッズに1を加えて小数で表すと、デシマルのオッズに換算可能です。

【アメリカン】

アメリカンは、「+」か「-」のいずれかの記号と数字を組み合わせて表示するオッズで、アメリカのブックメーカーでよく用いられている方法です。「US」と表記されることもあります。

100通貨を基準にしているのが特徴で、「-」が付いているオッズは、その金額をベットすると100通貨得られるという見方をします。「+」が付いている方は100通貨ベットすると、表示されている金額を得られるという意味です。

フラクショナルと同様に、得られる金額はベットした分を含みません。マイナスが付いている場合には、「100÷オッズ+1」でデシマルのオッズへ換算可能です。プラスが付いている場合には「オッズ÷100+1」でデシマルに換算できます。

デシマルは競馬や競輪と同じですが、フラクショナルとアメリカンは最初のうちは、やや難しく感じるかもしれません。何度かベットして行くうちに、少しずつ慣れていきましょう。
数は少ないですが、パリミチュエル方式のオッズを採用しているブックメーカーもあります。